弁護士費用

リーガルケアネットの弁護士費用

「リーガルケアネット」で、いつでも弁護士に相談できる環境を作りませんか?

例えばですが、所内に年収800万円の法務担当社員を採用すると、その場合、事業所が負担する人件費の総額は、社会保障費や経費を含めると約1.6倍の、1,280万円程度が必要になります。
「リーガルケアネット」をご利用いただくことで、介護分野に詳しい弁護士へいつでも相談できる環境ができ、費用も年間約60万円(月額5万円の場合)と大変リーズナブルに抑えることができます。

月額費用
1グループ 5万円〜/月(税別)
※1グループは弁護士を除いて、8名となります。事業所の規模により費用は変動しますので、詳しくは当事務所までご連絡ください。

スポット業務の弁護士費用

スポット契約プラン
サポートプラン 内容 費用
法律相談 介護事業者・経営者の方からの経営・運営・労務に関する相談 相談:1時間/15,000円
利用者の方に関する法律相談 1時間/16,000円
以降30分毎8,000円
契約書作成・チェック 契約書の作成・チェックをします 5万円〜
労働問題以外の交渉・裁判対応 請求金額や事案の難易を考慮して対応します 応相談
労働問題
サポートプラン 内容 費用
交渉・団体交渉のサポート 継続アドバイス(月3時間まで) 月5万円〜
労働組合対応 労働組合との交渉案件について対応します 30万円〜
労働審判 労働審判について対応します 30万円〜
保全手続 保全手続について対応します 30万円〜
訴訟 民事裁判について対応します 40万円〜
個別労働紛争あっせん 労働紛争あっせんについて対応します 20万円〜
不当労働行為の交渉対応 不当労働行為に関する金銭被請求(交渉)に対応します 10万円〜
不当労働行為訴訟対応 訴訟について対応します 20万円〜
  • (1)活動費用(着手金)については、活動範囲によって変動します。着手金とは、事件の性質上、結果の成功不成功があるものについて受任時に一括でお支払い頂く費用です。結果が不成功に終わったとしてもご返金はできない性質の費用です。
  • (2)弁護士の活動によって成果が発生した場合、報酬金が発生します。一部成功となった場合も報酬金を算定します。
  • (3)実費が発生します。業務にあたって必要となる郵便切手代や収入印紙費用などです。
  • (4)出張日当が発生します。事務所所在地から遠隔地に移動する際、時間的に拘束される際にお支払い頂く費用のことです。
  • (5)訴訟等に先行して、相手の財産を仮差押等による保全手続きを実施する場合、請求金額の10%〜30%程度の担保金が必要となります。
  • (6)控訴審の着手金・報酬については、具体的活動内容等をふまえて別途お見積りいたします。